予防接種

A型・B型肝炎混合ワクチン

  • 重要な周知事項
    このワクチンは、厚生省薬務局審査で承認されていない個人輸入ワクチンです。
    輸入ワクチン製剤を利用して副反応が生じた場合は、医薬品副作用被害者救済制度が利用できません。
  • 製剤について
    商品名:Twinrix
    製造元:GSK(Glaxo Smith Kline)
  • 製剤説明
    対象病原体:A型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス
    製品タイプ:不活化ワクチン
  • 接種対象者 16歳以上
    (当院で採用するTwinrixは、16歳以上を対象とした製剤です)
  • 接種方法:筋肉注射
    接種回数:通常接種プラン と 迅速接種プランがあります。
    ・通常接種プラン:第0月、1月、6月 の3回接種。
    ・迅速接種プラン:第0週、1週、3週、1年後 の4回接種。
  • 追加接種 追加接種の規定は、特にありません。
    ご希望があれば、一連の接種から10年以上経過した場合に対応いたします。
    (このページの最後に、GSKのコメントを掲載しています)
  • 妊娠中の予防接種
    妊娠中の接種に関しては、安全性に関するデータがありません。
    当院では、対応いたしません。
  • 授乳中の予防接種
    授乳中の接種に関しては、注意が必要です。
    当院では、強い希望のある場合に対応いたします。
  • 禁忌
    予防接種で過敏反応を起こしたことのある人
    ネオマイシンに対して過敏症のある人
    妊娠中の女性
    有熱者、重症感染症罹患者

【お願い】
予防接種のプランなどに関して、お電話でお問い合わせいただくと、窓口業務の支障となります。
プランニングを含め ”電話による問合せ” には対応できません。
電子メールでご連絡ください。

Booster dose
Long-term antibody persistence data following vaccination with Twinrix Adult are available up to 15 years after vaccination. The anti-HBs and anti-HAV antibody titres observed following a primary vaccination course with the combined vaccine are in the range of what is seen following vaccination with the monovalent vaccines. The kinetics of antibody decline are also similar. General guidelines for booster vaccination can therefore be drawn from experience with the monovalent vaccines.

Hepatitis B
The need for a booster dose of hepatitis B vaccine in healthy individuals who have received a full primary vaccination course has not been established; however some official vaccination programmes currently include a recommendation for a booster dose of hepatitis B vaccine and these should be respected. For some categories of subjects or patients exposed to HBV (e.g; haemodialysis or immunocompromised patients) a precautionary attitude should be considered to ensure a protective antibody level ³ 10IU/l.

Hepatitis A
It is not yet fully established whether immunocompetent individuals who have responded to hepatitis A vaccination will require booster doses as protection in the absence of detectable antibodies may be ensured by immunological memory. Guidelines for boosting are based on the assumption that antibodies are required for protection; anti-HAV antibodies have been predicted to persist for at least 10 years.

In situations where a booster dose of both hepatitis A and hepatitis B are desired, Twinrix Adult can be given. Alternatively, subjects primed with Twinrix Adult may be administered a booster dose of either of the monovalent vaccines.

ブースター投与
長期抗体データより、Twinrix接種完了後、15年まで抗体価は有効です。A・B混合ワクチンによる一連の接種後、A・B肝炎それぞれの抗体価は、一価ワクチン接種後の抗体価と同レベルです。抗体価の経年的低下も同様です。(Twinrixの)追加接種の適応は、一価ワクチンに準じます。

B型肝炎
一般健常者において、予防接種完了者へのB型肝炎ワクチンの追加接種は、必要性ありません。ただし、特定の施設において追加予防接種が推奨されている場合は、その指示に従ってください。 HBウイルスに接触する可能性の高いケース(血液透析または免疫不全患者など)は、免疫抗体レベル(10IU/L)を維持するため、予防的追加接種をご検討下さい。

A型肝炎
(一連の接種を完了して)免疫獲得後に、抗体が検出限界以下に低下しても、予防効果が担保される可能性があります。同剤接種後の抗体陽転者にとって『追加接種が必要?、不要?』という選択の判断は、現時点では明確な根拠がありません。 『A型肝炎抗体は、10年間以上持続する』ことから、『感染防御には、免疫抗体が必要』という考え方に基づいて、追加接種の指針は設定されています。

A型肝炎とB型肝炎の両方の追加が推奨される状況では、Twinrixの追加接種は可能です。また、Twinrixで接種完了した人に、一価ワクチンのいずれかの追加接種することも可能です。

ふたばクリニック 広瀬久人

診療案内

受付時間
9:00-12:00 -
16:00-18:30 - -

※水曜、日曜・祝祭日は休診です。

臨時休診・時間変更は
診療カレンダーで、ご確認ください。

LINE ID futaba-cl
トークは、休憩時間に返信します。
返信まで、しばらくお待ちください。

順番予約は ここ からアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

お知らせ

当院では、窓口会計のキャッシュレス化を推進しています。
保険診療・自由診療(予防接種・診断書)ともに対応しております。
各種クレジットカードご利用できます。
どうぞご利用ください。

主なクレジットカードの種類
当院では、Wi-Fiをご利用いただけます。