予防接種

髄膜炎菌4価ワクチン・MCV4

【重要な周知事項】

メナクトラは、日本国内で承認されています。

【重要な周知事項】

Menveoは、輸入製剤です。Menveoは、日本で承認されていません。
Menveo(輸入ワクチン)を利用して副反応が生じた場合は、医薬品副作用被害者救済制度が利用できません。

髄膜炎菌ワクチンに関して(メンクアッドフィーとMenveoの比較)

製剤名:メンクアッドフィー
【製造メーカー】Sanofi Pasteur
日本国内で、承認済み
海外では、アメリカを含む多くの国で承認され、臨床使用されています。


【接種対象者】
メンクアッドフィー : 国内対象者:2歳以上

【接種回数】
1回接種が基本です
【追加接種】
15歳以上、かつ、前回のMCV4接種から4年以上経過している場合、髄膜炎菌感染症のリスク回避目的で追加接種は可能
製剤名:Menveo
【製造メーカー】Glaxo Smith Kline
日本では、承認されていません
海外では、アメリカを含む多くの国で承認され、臨床使用されています。

Menveoは、ハラール認証があります
【接種対象者】
Menveo :2ヶ月以上、55歳以下

【接種回数】
初回接種の月齢・年齢により、スケジュールが異なります。
  • 【初回接種:2ヶ月~6ヶ月】
    月齢/第2月、4月、6月、12月を目安に4回接種
  • 【初回接種:7ヶ月~2歳未満】
    7ヶ月から1歳の月齢・年齢で初回接種した場合、2歳以後2回目を接種。
    (1回目と2回目の接種間隔は、3カ月以上)
  • 【初回接種:2歳~55歳】
    1回接種

妊娠中の予防接種
妊娠中の接種に関しては、安全性に関するデータがありません。
当院では、妊娠中の女性に対して接種は行いません。

授乳中の予防接種
授乳中の接種に関しては、一般の不活化ワクチンと同様の対応を行います。
当院では、希望のある場合に対応いたします。

【海外渡航時の髄膜炎菌感染症に関して】

髄膜炎菌性髄膜炎は、主にアフリカや中近東で流行しています。

欧米では、髄膜炎菌流行国と交流が深いため、散発的な集団発生を認めています。留学生や渡航者に対して、髄膜炎菌ワクチンの接種を要請している国・地域もあります。

渡航先で髄膜炎菌髄膜炎が発生した場合、滞在する教育機関・学校が休校になったり、宿舎が閉鎖されることもあります。

【遺伝子組み換え製剤投与前の髄膜炎菌ワクチンに関して】

エクリズマブ・バブリズマブ・スチムリマブ投与開始前のメンクアッドフィー接種は、保険適応です。

【英文接種証明書】

髄膜炎菌ワクチン接種証明書(英文)が必要な場合は、お申し出ください(文書料が、別途必要です)。

【お願い】

予防接種の質問・相談は、電話では対応しておりません。お電話の対応が、窓口業務・診療業務の支障となっています。電子メールでご連絡ください。

ふたばクリニック 広瀬久人

診療案内

受付時間
9:00-12:30 -
16:00-18:30 - -

※水曜、日曜・祝祭日は休診です。

臨時休診・時間変更は
診療カレンダーで、ご確認ください。

【ご注意】
ご予約には、診察券番号を入力してください。
順番の10分前までに、受付を終了してください。
遅れた場合は、取り消しといたします。
順番予約は『 ここ 』からアクセスしてください。

お知らせ

当院では、窓口会計のキャッシュレス化を推進しています。
保険診療・自由診療(予防接種・診断書)ともに対応しております。
クレジットカード/Payご利用になれます。
どうぞご利用ください。

クレジットカードの対応
QRコード決済の対応
当院では、Wi-Fiをご利用いただけます。