ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/futaba@coral.dti.ne.jp

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成30年1月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > 診療のご案内 > 睡眠時無呼吸症候群(SAS)

診療のご案内

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

SASとは

私たちの体は、睡眠中に筋肉の運動を減らして、内臓の血流を増やし、1日の疲れを回復するとともに、代謝の調節を行います。

睡眠中であっても、沢山の酸素が使われています。

睡眠中の呼吸が、浅くなったり、止まったりすると、充分な酸素が補給できなくなり、体調の回復が障害されます。

夜間の無呼吸により、昼間の眠気や、集中力の低下、精神的なストレスの増加をおこしてきます。

長期間にわたり、睡眠が障害されると、自律神経の失調にもつながりやすく、心理的にも肉体的にもリスクの多い状況に陥ります。

検査方法

睡眠時無呼吸の原因は、主に2つあります。

1:閉塞性SAS(肥満によるSAS)

 肥満により、1:喉元の気道が狭くなる、2:腹圧によって肺の拡張が不充分になる・・・ことから換気障害・無呼吸を起こします。

 睡眠時無呼吸症候群の場合、肥満にともなうことが多く、体重管理を徹底し減量するとSASが改善します。

2:中枢性SAS

 脳の呼吸中枢が、呼吸管理をきちんと行えなくなり、睡眠中に突然無呼吸が起きてきます。

検査方法

睡眠時ポリソムノグラフ検査を行います。

ポリソムノグラフには、呼吸と脈拍、血中酸素飽和度を調べる簡易法と、脳波検査を併用する方法があります。

当院では、鼻と指にセンサーをつける簡易検査を行っております。

いびきが突然止まって不安を感じるようであれば、まず簡易検査をお勧めいたします。

検査からレポートまでのながれ

通常の診療時間内にご来院下さい。(臨時休診にご注意ください)

1:診察> 無呼吸がいつ頃から始まったのか、体重の増加の時期などに関して、おうかがいいたします。

2:予約> 検査会社が、直接患者さんへ連絡し、検査の日程を決めていきます。

3:検査> ご自宅に、検査機器が宅配されます。検査を行って、翌日宅配便で返送してください。

4:評価> 返送日の1週間後、外来を受診していただき、検査レポートの評価を行います。

睡眠時無呼吸症候群と診断されたら

SASと診断され、身体的に自律神経的な異常を認めたり、昼間の眠気でトラブルが生じるようでしたら、呼吸補助機による治療をお勧めいたします。

昼間の眠け・・・夜間のいびき・・・夜間呼吸停止が気になるときは、無呼吸検査を受けてみましょう。